バリデータ

バリデータは、重要なネットワークインフラを維持し、ルールを変更し、デリゲータに代わってガバナンスでの決定を行う責任があります。 CyberMilesシステムは19バリデータに限定され、最新のソフトウェアを実行する安全なサーバー、グローバルなブロックチェーンネットワークを動作させる十分な計算能力とネットワーク回線容量を提供することによって採用されるので、バリデータはデリゲータからの投票(CMTステーク)を競うことになります。

デリゲータ

デリゲータは、自分のCMTを特定のバリデータ候補に出資することによって、他のCMT保有者やバリデータを採用・選択します。デリゲータ自身は通常、実際にブロックチェーンネットワークを作動させているコンピュータサーバーを実行することはありません。 CyberMilesネットワーク運用の初年度は、CMT Cubeの所有者のみがデリゲートすることができ、ブロック報酬を獲得できます。

CyberMiles App

CMTユーザーはCyberMiles Appを使用してバリデータ(スーパーノード)にCMTをステークすることでブロック報酬(CMT)を取得できます。 ネットワーク全体の現在のステーク量に基づいて、たとえば、補償率が30%のバリデータに10,000CMTをステークすれば、年利は15%になります。 これは、block heightが1,948,355に達すると計算されます。

*同じ条件下で、CMT Cubeのステーキング報酬は CyberMiles App (CMT Wallet) よりも20%高くなります。

CMT Cube

CMT Cubeは、CyberMilesネットワーク運用の初年度にバリデータの選択を簡単にできるように特別に設計された汎用機です。CMTウォレット(CMTアカウントの保存と管理)と、バリデータ選択のためCMTをステークしやすいUIの両方を備えたハードウェアデバイスです。そのUIには、アカウントが受け取る最新の報酬(デリゲートのブロック報酬)も表示されます。 自宅で保管できるハードウェアウォレットは、オンラインやアプリなどのソフトウェアウォレットよりもはるかに安全なので、大量のCMTを保管するのに最適です。
shortLastSection

FAQ